紅豆杉の安全性

安全・安心の製品をお客様のもとに

健康茶「紅豆杉(こうとうすぎ)」、サプリタイプのエキス粒は、製品の安全性を確保するために各種検査を実施し、 科学的根拠に基づく安全性を確認したうえでお客様にお届けしています。 「株式会社九州クリーンメディカル」では、第三者機関の厳正な検査を通過した製品のみを販売していますので、どうぞご安心ください。

安全・安心の製品のために

当社取り扱い製品は、第三者機関にて残留農薬検査、微生物検査、急性経口毒性試験(LD50)を定期的に実施し問題がないことを確認しています。 さらに、東日本大震災後の放射能流出の状況を踏まえ、さらにお客様に安全・安心の製品をご提供するために、放射線量測定器を用いて放射性物質による汚染がないことを確認後、出荷しています。 今後も継続して各種検査を行い、高い安全品質を保ってまいります。

放射性物質分析結果(housyasei.pdf)はこちら

残留農薬・微生物検査

(財)日本食品分析センターにおいて、当社が取り扱っている全製品の残留農薬検査、微生物検査などを実施しています。 残留農薬検査では、有機塩素系の農薬以外にメタミドホス、ジクロルボス、その他400種類の農薬の有無を調査。農薬が一切使用されていないことが証明されています。 併せて、ヒ素や重金属、一般細菌、大腸菌群の分析も行っており、いずれの検出もされていません。

分析試験項目 結果 検出限界 分析方法
ヒ素 検出せず 0.1ppm 原子吸光光度法
重金属 検出せず 1ppm 硫化ナトリウム比色法
残留農薬 BHC 検出せず 0.02ppmp ガスクロマトグラフ法
DDT 検出せず 0.02ppm
アルドリン 検出せず 0.01ppm
ディルドリン 検出せず 0.01ppm
エンドリン 検出せず 0.01ppm
メタミドホス 検出せず 0.01ppm
ジクロルボス 検出せず 0.01ppm
一般細菌 30以下/ml -- 標準寒天平板培養法
大腸菌群 陰性/22.2ml -- BGLB法

紅豆杉®の分析試験成績書(bunseki.pdf)

メタミドホス・ジクロルボス分析結果(metamido.pdf)

急性経口毒性試験(LD50)

(財)日本食品分析センターにおいてマウスを使った毒性試験(LD50)を実施しており、LD50値は20mg/kg以上。 マウスの死亡や異常は認められず、解剖後の臓器にも異常は見つかりませんでした。これにより、重金属や微生物などの有害物質がなかったことがわかり、製品の安全性が確認されています。

マウスを用いた急性経口毒性試験(LD50)(medirepo.pdf)

お問い合わせ・ご注文・無料相談はこちら

商品を購入する

トップへ戻る